【お知らせ】Web審査応募に関するご相談承ります

第3回WPTAピアノオーディション「Web審査部門」は、YouTube限定公開で応募を受付中です。「Web審査部門」応募に関するお問合せ、ご相談、承っています。撮影場所や撮影方法などから、選曲や申込手順に至るまで、お気軽にどうぞ。japan@wpta.info

参加申込はこちら

YouTube限定公開で応募する
第3回 WPTAピアノオーディション Web審査部門案内

   ★自由曲OK  ★年齢制限なし  
    〆切    2020年3月24日(定員になり次第〆切)
    入賞者発表   同・4月30日

   <同時開催>WPTA国際ピアノコンクール2020日本地区予選

   <同時開催>WPC国際ピアノ会議(セルビア)2020代表選抜 

参加申込はこちら

開催趣旨

 「世界標準を体験せよ」と題して、世界50か国のピアノ指導者が加盟する非営利団体・国際ピアノ指導者連盟WPTA(World Piano Teachers Association)と同・日本支部が連携して開催します。優秀者は、『WPTA国際ピアノコンクール2020』『国際ピアノ会議(セルビア)2020』始め、国内外での演奏の機会へご推薦します。世界標準を目指した発表・研さんの場として是非ご活用下さい。

応募資格

年齢制限なし。プロ、アマ問いません。 あらゆる年齢のピアノ学習者、ピアニストが対象。

Web審査部門 YouTube限定公開で応募


「ピアノソロ」「4手連弾」「2台ピアノ」「ピアノ協奏曲」「室内楽(3名まで)」
  海外在住審査員を含む2名の審査員より学習の指針となる具体的なコメントを貰えます。
   (全体講評、良かった点、課題、今後へのアドバイス)学習のヒントに是非ご活用下さい。
    審査員への質問も受け付けます(200字程度までを1回)

開催部門

オーディション            演奏時間:2分以上10分以内 

Web
ピアノソロ1、自由曲コース 出版されている任意の1曲または複数曲
       (ソナタの楽章抜粋、組曲の抜粋などOK)
2、セルビア音楽作品演奏コース 
  A.Vujicアレクサンダー・ヴイッチ作曲のピアノ曲より1曲または複数曲
3、課題曲コース(申込時、曲名の後に級またはグレード記載のこと
   a) PTNAピアノステップ・コンペティション課題曲より2曲以内
   b) ABRSM英国王立音楽検定課題曲より2曲以内
ピアノ連弾4手連弾 任意の1曲(組曲から複数曲抜粋も可) 2分以上10分以内
Web2台ピアノ部門任意の1曲(1楽章のみOK)  10分以内
Webピアノ協奏曲部門任意の1曲(1楽章のみOK)  10分以内 
2台ピアノによる演奏、伴奏者は各自手配

Web
室内楽(3名まで)任意の1曲 10分以内

Web審査部門<応募の手順

1、申し込み終了後、以下に従って演奏動画をYouTubeへアップロードしてください。
【映像】2019年4月1日以降に撮影され、顔・手・ペダルが分かるもの。 演奏途中での編集なし。
【演奏時間】演奏時間は2分以上あること。審査は、曲の冒頭より10分以内を審査します。
【動画のタイトル】「WPTA Piano Audition:(姓・名の漢字表記&ローマ字表記、年齢、ピアノ歴
   例:鈴木 花子 Suzuki Hanako 17歳、ピアノ歴10年)」とし、その他の個人情報は掲載しないこと。 
就学前の参加者は、月齢も書き添えて頂く事を歓迎致します。(例:4歳5か月、ピアノ歴1年2か月)

【動画のプライバシー設定】YouTube「限定公開」としてください(URLを知っている人のみが閲覧できる)。

2、アップロード完了後、以下の要領でメールをjapan@wpta.info迄お送りください。

【件名】「第3回WPTAピアノオーディション(参加者氏名)」としてください。
【本文】応募者の氏名、YouTubeの演奏動画URL、撮影日(年月日)をお書きください。
【本人確認書類】海外音楽祭・国際コンクールに繋がる審査を希望される方は、 演奏者本人であることが分かる書類(パスポート、健康保険証、学生証など)の画像を添付してください。
【質問受付】審査員に伝えたいことや、演奏曲・ピアノ学習について質問あれば200字程度1回のみ受付ます。
       ※本オーディションと関連性が低い質問には回答できませんのでご了承下さい。
【メール送付先】japan@wpta.info

3、WPTAピアノオーディション事務局からの「受領終了メール」をもって、応募の完了となります。

参加申込はこちら

<Web審査部門>応募締切

  • Web審査部門  2020年3月24日 〆切 ※定員に達し次第〆切
    入賞者発表   2020年4月30日

表彰および副賞

  1. WPTA優秀賞、同奨励賞、同努力賞、セルビア作品演奏賞・派遣賞ほか
  2. セルビア作品の演奏者全員に「セルビア作品演奏奨励賞」を授与
  3. 上位入賞者は、2020年3月24日(火)開催の入賞者コンサート兼海外派遣選考会(豊洲シビックセンターホール)へ推薦→新型コロナウィルス感染拡大防止の観点から中止と致しました。2020秋予定
  4. 優秀者は、日本代表として、WPTA国際ピアノコンクールまたは、WPTA国際ピアノ会議(セルビア)2020にご推薦 ※国際ピアノ会議開催地、セルビアNovi Sad市は2021年EU文化首都
  5. 国際ピアノ会議(セルビア)2020代表派遣参加者に、当会議参加の為のセルビア行き航空運賃一部補助
  6. 海外音楽祭参加支援(推薦状)
  7. ベストレッスン賞ーWPTAピアノアカデミー受講者のうち優秀者に授与。次回以降のWPTAピアノアカデミー招待
  8. その他、WPTA日本支部主催の勉強会、コンサート、国内外優良演奏機会への参加支援
  9. 入賞者紹介(WPTA日本支部公式サイトにてお名前、その後の活躍ご紹介)
  10. 【指導者賞】複数の参加者を入賞に導いたピアノ指導者(申込時記載の筆頭の指導者が対象)を表彰

参加申込はこちら

これまでの入賞者への褒章実績

  1. 「セルビア音楽祭」奨励賞2名
  2. セルビア音楽祭」(主催:WPTA日本支部、於:在京セルビア大使館)出演 ※セルビア大使ご臨席
  3. 「セルビア音楽祭」記念写真盾贈呈
  4.  A.ヴイッチ・メモリアルコンサート出演(主催:WPTA日本支部) ※セルビア大使、同・公使ご臨席
  5. 優秀賞、奨励賞、努力賞、特別賞、ベストレッスン賞
  6. ベストレッスン賞副賞: WPTAピアノアカデミー無料受講

オーディション セルビア音楽作品ご紹介


オーディション 「ピアノソロ」セルビア音楽作品演奏コース  

<推奨曲>セルビア音楽作品(A.ヴイッチ)ピアノの為の6つの小品 No.1(暗譜不要)

A.Vujic: for piano 6 pieces No.1より

参加申込はこちら

※課題曲A.Vujicピアノ曲は、Vujic夫人よりのご配慮により、WPTA JAPANオーディションを参加者向けに楽譜提供を受けています。商業利用はできません。 ※A.ヴイッチ紹介HP https://www.aleksandar-s-vujic.com/

※※演奏の途中でも進行の都合上、演奏を終えて頂く場合があります。審査には影響しません。


<応募者共通の注意>
出版されていて内部奏法など特殊奏法のない作品。自作不可。著作権料が発生する作品の演奏に関しては、参加者自身の費用および手続き負担とします。

<Web審査部門>オーディション参加費


Web審査部門      8,000円

参加申込はこちら

審査員

中島裕紀(ピアニスト、東邦音楽大学副学長、ピアノ科教授)
金子淳 (ピアニスト、武蔵野音楽大学講師)
福田里香 (ピアニスト、WPTA日本支部 代表)
山口真広(ピアニスト、ロンドン大学大学院芸術修士)
古泉元子(元・常葉学園短期大学講師、WPTA日本支部副代表)
角崎悦子(セルビア日本音楽交流推進の会代表、WPTA日本支部アドバイザー)
井尻愛紗(スタインウェイ・アーティスト、英国王立音楽大学RCM名誉代表、ロンドン在住)
西山雅千(ピアニスト、英国王立音楽大学RCM Advanced Diploma、モスクワ在住)


主催

国際ピアノ指導者連盟WPTA 日本支部

後援

在京セルビア大使館、日本セルビア協会

参加申込→ ピティナ提携コンクール申込サイト 

参加申込はこちら

※上記サイトからの申込がうまく行かない場合は、japan@wpta.infoからのお申込も可能。

問い合わせ

問い合わせはこちらから